本文へスキップ

シニア世代に人気の下半身を鍛えるフィットネスマシーン

足腰の鍛錬

スクワットマシン

足腰の鍛錬 写真

マシンを使用しないでもスクワットは出来ますが、より大きな負荷を与えながら このトレーニングをするためのスクワットマシンもフィットネスクラブやスポーツ ジムにはあるでしょう。 スクワットは直立した姿勢からしゃがんだり起き上がる動作を繰り返しますが、 何も器具を使わなければ自身の体重のみが負荷となります。 それでは足りない、もっと鍛えたいといった場合にスクワットマシンを使い、 米俵を担いでスクワットをするような効果が得られます。 このトレーニングでは下半身の筋力を強化することが目的となり、大腿四頭筋や 下腿三頭筋が成長していきますがお尻も逞しくなれます。 カロリーを消費しますのでもちろんダイエットにも効果はありますが、筋肉が 付くので痩せたがりの女性にはあまり適さないかもしれません。 ナイスバディというよりもボディビルダーを目指す人向けで、フィットネスクラブ ではなくスポーツジムの方が稼働率は高そうです。 ベーシックな筋トレなのでどんな運動なのかは皆さんも知っているでしょうが、 ジムで専用のマシンを使ってのトレーニングはあまりやったこともないでしょうし、 もしも視界に入ったのなら1回くらいは試してみてもいいでしょう。 単純な動作なのですぐに慣れることができますし、長時間ではなく短時間だけなら 毎回のメニューに加えてもよさそうです。



レッグプレス

これは主に大腿四頭筋を鍛えるウエイトトレーニングで、レッグプレスマシンを 巧みに使って行われますが、操作は難しくないので安心です。 ジムやフィットネスクラブにはコーチ・指導員もいますから最初に説明を聞いて 使い方を教われば怪我の心配もそうないでしょう。 レッグエクステンションというマシンも同じく大腿四頭筋を鍛錬するためのもので、 この部位を鍛えるのがマッチョへの近道になりそうですね。 どんな筋肉かというと人体の中で最大のマッスル、これ無しでは話にならない程 重要な部位なのでマッスルマニアは目がないのです。 太ももにあるので大腿四頭筋が逞しくなれば強靭なキックが繰り出せるように なりますし、重い荷物を持ってもふらつかなくなれるでしょう。 レッグカールも足腰のトレーニングマシンですが、筋トレというよりもエアロビクス 向きの軽めのものもあります。 これは大きな負荷をかけるためのマシンではないので、ムキムキの太ももではなく スマートになりたい女性にも好評でしょう。 太い足を気にされる女性はあまりというか全く筋トレじみたことはしませんが、 このレッグカールならその心配も必要ありません。 強烈なローキックをマスターしたがるのは格闘技をかじっている女性だけでしょうし、 大抵の女の子はフィットネスクラブで痩せるため努力するのです。



スタンディングヒップ

これはお尻周辺のマッスルを鍛えるマシンで、だらしなく垂れてしまったヒップを 見栄え良くさせたい人が好んで使用しています。 股関節周囲の筋肉が成長しますから、たくさん歩けるようにもなれます。 いつもは服を着ているのでヒップラインがどうなっているのかわかりにくく、 とくに男性は自身のこの部位にあまり関心がない方も多いようですが、夏場は薄着 になったり下着で人前に出る機会も少なくなくなりますし、シーズンによってお尻の スタイルに対する関心度は変化するかもしれません。 冬はコートを着てしまえばマッチョでも痩せていても似たようなスタイルになって しまいますが、サマーだとジーパンの上からでもお尻の形がなんとなく相手に 伝わってしまうからです。 胸板や二の腕、太ももがどんなに逞しくても貧相なヒップではいまいち締まりませんし、 マッチョな肉体を目指していない人でもヒップの形状を気にされる方はいます。 なのでスポーツジムなどではお尻を鍛えるマシンの多いのでしょうね。 トータルヒップという器具も股関節近辺をトレーニングするためのものですが、 筋力アップよりも柔軟で安定した下半身づくりに役立つマシンです。 股関節が固くなって上手く歩けなくなった人や、原因はわからないけどそのあたりが 痛みを発したりなんか調子が悪いな、といった場合にも使われます。 筋肉も大事ですが柔軟さもなければいけませんよね。



バナースペース